特攻隊

RPGツクール、パズル、プログラミング等々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【タイトル】AbyssMachina
【サブタイトル】♯1 女帝の挑戦
【作者】LaTiestoさん
【時期】第2期

タイトルは「アビスマキナ」と読みます。
ハック&スラッシュとは何ぞや?と興味を持ち、やってみた。

ハックアンドスラッシュ:
モンスターを倒して経験値や強力なレアアイテムを入手し、キャラを強化してさらに強力なモンスターを倒すというプレイスタイルを指す(Wikipediaより抜粋)

つまり、モンスター討伐とアイテム集めがメインのRPG、といった感じかな?


AbyssMachinaの世界観:
帝国スンラートに突如現れた、謎の迷宮。それは「女帝」と名乗る者からの挑戦状だった。
迷宮の噂を聞きつけた冒険者達が、スンラートに集まるー


ゲームの内容は至ってシンプルで、キャラを5つの職業(戦士、盗賊、僧侶、魔術師、忍者)から1つ選び、
全8階層のダンジョンを攻略していくというもの。
不思議なダンジョンシリーズを彷彿とさせます。
そしてジョブ選び、初期のFFの様。自分は盗賊でプレイ。

また、隠し職業があることを発見。
(ネタバレは作者の意図するところでない可能性があるので、詳細は言えませんが)
明らかに鬼門っぽいので隠し職業はやめておいた。

ダンジョンはマップではなく、「進む」と「帰還」の2択から選択し、
「進む」を選択すると、アイテム発見、モンスターと戦闘、何も起こらない、のいずれかが起こる。
「帰還」を選択すると、全回復して拠点まで戻る。

ある程度進んでいくと、次のフロアへの道を見つけられる。
ただし偶数フロアには、次のフロアへの道をふさぐ中ボスが待ち構えている。

各フロアにはそれぞれ英語の名前がついており、登場するモンスターも
そのフロアの名前に沿ったイメージのモンスターが登場する。

拠点では、アイテム、武器防具を売ってくれる「桜蘭商会」、
2つの素材から武器防具を錬成してくれる2人の錬金職人、
ダンジョンから帰ってくるとたまにいる、勇者モルグ(技を伝授してくれる)
のサービスを受けられる。


随所に作者のセンスが光り、作品全体から高級感が溢れ出てます。
ゲームバランスが絶妙で、ストレスなくダンジョン探索を楽しめる。
錬金が楽しい!ダンジョンでいい素材を見つけると、思わずガッツポーズ。
ただし、いい武器防具ができるは運次第。

ボス戦でBGMが変わるので、アツくなれて地味に嬉しい。(DPだと、ボス戦にザコ戦のBGMを流用するのが普通なので)
ボス遭遇の時の英語字幕もカッコイイ!ボスに負けた時の決め台詞も、いい味出てます。

ラスボス、キラークイーンの技「エクスタシィ」に手こずった…。FF5の、ピンチになるとドレインを連発してくるボス(名前なんだっけ?魔導図書館のやつ)を思い出します。

と、そんなこんなで女帝をレベル20で撃破。プレイ時間2時間10分。

これで終わりかと思いきや、女帝が明らかに高級っぽい錬金素材を落としたので、
「お、これ2周目あるんじゃね?」と想像。すると、エンディングテロップの後に
B9フロア出現!おお、そうきたか。

…というわけで、これから隠しフロア探索!

B8フロアまでの感想でしたが、単純ながら飽きないゲームバランス、
センスのある台詞回しや全体の雰囲気、素晴しいです!

時間があったら隠し職業で2周目やってみようと思いました。



追記:B9激難です…モンスターが桁違いに強い!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mozuku88.blog134.fc2.com/tb.php/5-8d47aba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。